職業ラボTOP芸能・マスコミ関係の職業パーソナリティ/ラジオDJ
パーソナリティ/ラジオDJ
職業の内容

パーソナリティ/ラジオDJとはどんな職業?

パーソナリティ/ラジオDJとは、ラジオ番組の司会進行を行う職業の人を言います。

具体的には、放送作家が書いたシナリオに従ってラジオ番組を進行していきます。軽快な口調や新鮮な情報、アドリブなど番組独自の面白みを出すのが役割です。

ちなみに、音楽番組を担当するパーソナリティのことをラジオDJと呼びます。

最近では、アナウンサー、テレビタレント、お笑い芸人、ミュージシャンや声優などがパーソナリティとして活躍することも多くなりました。

 

進路と道のり

パーソナリティ/ラジオDJになるには?

放送系の専門学校やアナウンサー養成スクールで発生やしゃべりの基礎を学びます。

学校を卒業後、ラジオ局に就職もしくは、DJオーディションに応募し合格します。ラジオ局に入社した場合は、十分な経験を積んでからパーソナリティを務めることが多いようです。

 

給料・収入・年収の目安

パーソナリティ/ラジオDJの給料と収入

ラジオ局に勤務している場合は収入は勤務先の給料によります。

正式な発表はありませんが、ラジオ放送局の社員平均年収は800〜1,200万円前後とされています。



パーソナリティ/ラジオDJに関連した職業

パーソナリティ/ラジオDJに関連した職業



<<芸能・マスコミ関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す