編集者
職業の内容

編集者とはどんな職業?

編集者とは、本や雑誌、新聞などの内容を編集する人のことを言います。

具体的には、本や雑誌の内容を企画して原稿やイラスト、デザインの依頼をしたり、取材や撮影の手配をしたりします。

原稿が仕上がったら、原稿のチェック、印刷後の校正や仕上がりのチェックまで担当します。

編集者は出版社や編集プロダクションに所属する場合と、フリーで仕事をする場合があります。

 

進路と道のり

編集者になるには?

大学や短大、専門学校を卒業後、出版社や編集プロダクション、新聞社に就職します。そこで、アシスタントとして経験を積んだ後、編集者として活躍します。

また、出版社等で活躍した編集者は独立してフリーになることもあります。

出版物として出来上がるまでに様々な職業の人が携わるため、こうした人たちを統率するリーダーシップが編集者には求められます。

 

給料・収入・年収の目安

編集者の給料と収入

編集者の収入は、出版社勤務の場合給料によります。フリーの場合は、刊行物の印税によります。

およそですが、年収ベースで300〜1,000万円くらいが相場とされています。

当然のことながら、出版社の場合大手になるほど年収も高くなります。



編集者に関連した職業

編集者に関連した職業



<<芸能・マスコミ関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す