字幕翻訳家
職業の内容

字幕翻訳家とはどんな職業?

字幕翻訳家とは、外国映画のセリフやナレーションに日本語字幕をつける仕事です。

具体的には、言語台本を元に翻訳し、人が読みやすい速度になるよう試写を見ながら決めていきます。

単に日本語に訳すだけでなく、いかに読みやすく、分かりやすい字幕にするかが字幕翻訳家としての腕の見せ所です。

 

進路と道のり

字幕翻訳家になるには?

外国語系の大学や専門学校で外国語の基礎を学びます。このときに多くの洋画や原書を読んで、日本語訳にする訓練を積んでおきます。

卒業後は、字幕翻訳家のアシスタントをしながら経験を積みます。洋画の日本語版制作会社に翻訳したものを売り込んだりしたのち、フリーとして活躍します。

 

給料・収入・年収の目安

字幕翻訳家の給料と収入

字幕翻訳家は基本的にフリーでやる仕事なので、翻訳家としての知名度、経験により収入は変わります。

報酬は基本的に1本30〜500万円ほどが相場とされています。



字幕翻訳家に関連した職業

字幕翻訳家に関連した職業



<<芸能・マスコミ関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す