新聞記者
職業の内容

新聞記者とはどんな職業?

新聞記者とは、ニュースを取材して新聞の記事にする職業の人を言います。

具体的には、一日に何件もの取材に出向き、帰社後記事にまとめ記事見本を確認といった作業を繰り返します。

基本的に忙しい職業ですので、帰宅は遅くなる傾向があります。

また、記者には取材記者以外に、文章をチェックする校閲記者、各部署から集まった原稿をまとめて紙面構成を考える整理記者がいます。

 

進路と道のり

新聞記者になるには?

大学やマスコミ系の専門学校を卒業後、新聞社や通信社に就職します。

ただし、新聞社の就職は人気があるためかなりの競争を覚悟しなければなりません。学生時代に新聞社でアルバイトしたり、ジャーナリスト養成学校で勉強したりと就職に有利になるものをやっておいたほうが良いでしょう。

就職後は、新人記者として先輩記者の仕事を学び、記事にまとめる修業をします。

一人前の記者になるには時間がかかりますが、こつこつと努力をしていけばいずれ最前線の現場で取材させてもらえるようになります。

また、新聞社での経験を十分に積み、人脈つくりもうまくいけば、独立してジャーナリストとして活躍することも夢ではありません。

 

給料・収入・年収の目安

新聞記者の給料と収入

新聞記者の収入は新聞社の給料によります。

ちなみに、厚生労働省の調査によると、06年の記者の平均年収は816万円でした。



新聞記者に関連した職業

新聞記者に関連した職業



<<芸能・マスコミ関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す