ピアノ調律師
職業の内容

ピアノ調律師とはどんな職業?

ピアノ調律師とは、ピアノの音程を合わせて音響を整える仕事の人を言います。

具体的には、ピアノ1台につき88ついている鍵盤のひとつひとつの音程と音質を調節します。家庭や学校、音楽教室、プロのピアニストから仕事を依頼され行います。

 

進路と道のり

ピアノ調律師になるには?

調律科のある音楽大学や音楽系の専門学校、ピアノメーカーが設ける調律師養成機関で基礎を学びます。学校を卒業後、音楽店か音楽メーカーの工場で働きます。

実務経験を5年以上積むと日本ピアノ調律師協会の資格試験を受験することができます。試験合格後、ピアノ調律師として活躍します。

ピアノ調律師の仕事は、資格がなくてもできますが、信用度を上げるためにも取得すべき資格です。

 

給料・収入・年収の目安

ピアノ調律師の給料と収入

ピアノ調律師の収入は勤務先の音楽店やメーカーの給料によります。

年収ベースでは300〜500万円くらいがボリュームゾーンといえます。



ピアノ調律師に関連した職業

ピアノ調律師に関連した職業



<<芸能・マスコミ関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す