落語家
職業の内容

落語家とはどんな職業?

落語家とは、落語という話芸で観客を楽しませる職業のことを言います。

落語は江戸時代に生まれた大衆芸能で、最後に落ちがある笑い話や人情話を主とします。

昔の落語家が完成させた古典落語をはじめとし、時事ネタや社会現象を風刺的にとらえて笑い話にするなど噺家によってそのネタは異なります。

人を惹き付ける話術はもちろんのこと、扇子や手ぬぐいを使っていろいろな道具に見立てて話を盛り上げます。

 

進路と道のり

落語家になるには?

希望する師匠に弟子入りするのが唯一の方法です。根気強く通い入門を認められたら、見習いとして師匠や兄弟子の身の回りの世話をします。

師匠に認められ前座になったら、寄席の手伝いなどもするようになります。さらに、師匠に認められ二ツ目になり出番が増え、最終的に寄席経営者や協会幹部に認められ、真打になることができます。

真打になりはじめて一人前の落語家として認められます。

 

給料・収入・年収の目安

落語家の給料と収入

正式な発表がないため、正確な年収を把握することはできませんでした。



落語家に関連した職業

落語家に関連した職業



<<芸能・マスコミ関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す