職業ラボTOP芸能・マスコミ関係の職業テレビディレクター
テレビディレクター
職業の内容

テレビディレクターとはどんな職業?

テレビディレクターとは、出演者やスタッフに指示を出してテレビ番組を制作する仕事を言います。

具体的には、放送作家、脚本家、美術スタッフ、カメラマンなどと番組の打ち合わせを行い、撮影、映像の編集まですべての工程を手がける現場責任者です。

さらに、カメラマンにカメラ割りやアングルの指示を出したり、出演者に演技指導を行ったりもします。基本的には、テレビプロデューサーの企画に沿って番組を円滑に進行させます。

 

進路と道のり

テレビディレクターになるには?

大学や放送系の専門学校を卒業後、テレビ局、番組製作会社、制作プロダクションに就職します。

入社後、アシスタントディレクター(AD)として経験を積み、ディレクターへと昇格します。

ちなみに、ディレクターの上の役職は、プロデューサー(総合演出・チーフディレクター)、エグゼクティブ・プロデューサーとなります。(会社によって呼び名が異なります。)

 

給料・収入・年収の目安

テレビディレクターの給料と収入

一般的に主要テレビ局のディレクターの場合、年収で900〜1,200万円前後が相場とされています。

制作会社の場合、上記数字より少なくなります。

相場としては、30代〜40代前半でディレクターになれれば順調とされています。



テレビディレクターに関連した職業

テレビディレクターに関連した職業



<<芸能・マスコミ関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す