職業ラボTOP芸能・マスコミ関係の職業テレビプロデューサー
テレビプロデューサー
職業の内容

テレビプロデューサーとはどんな職業?

テレビプロデューサーとは、テレビ番組製作すべての指揮をとる人のことを言います。現場の最高責任者とも言えます。

具体的には、テレビ番組の企画、番組の内容・予算、スケジュールに合わせての放送作家やタレントの配役、出演交渉からスポンサーへの働きかけなどを行います。

 

進路と道のり

テレビプロデューサーになるには?

大学や放送系の専門学校を卒業後、テレビ局や番組製作会社、制作プロダクションに入社します。アシスタントディレクター、ディレクターを経てプロデューサーへと昇格します。

ただし、会社内でプロデューサーになれるのは一握りとされています。

 

給料・収入・年収の目安

テレビプロデューサーの給料と収入

主要民間テレビ局の場合、プロデューサークラスで年収1,700〜1,900万円、エグゼクティブ・プロデューサーで2,000〜2,500万円くらいが相場とされています。

ちなみにディレクターは年収900〜1,200万円、ADは600〜700万円くらいが相場とされています。



テレビプロデューサーに関連した職業

テレビプロデューサーに関連した職業



<<芸能・マスコミ関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す