通訳案内士
職業の内容

通訳案内士とはどんな職業?

通訳案内士とは、外国人観光客などに日本の文化や歴史、観光名所などを案内する者で、国家資格として認められています。

通訳案内士は、語学力はもちろん、コミュニケーション能力や日本の地理・歴史・産業・政治・経済・文化などにも精通している必要があります。

ちなみに、通訳案内士は別名、通訳ガイドと呼ばれ、無資格の者が通訳案内の業務を行った場合、50万円以下の罰金を課されます。

 

進路と道のり

通訳案内士になるには?

国家試験である「通訳案内士」の試験に合格し、資格取得後、日本観光通訳協会などに登録し、フリーの通訳ガイドとして活躍するか、旅行会社などに就職し企業内ガイドとして活躍します。

通訳案内士の試験は、1次と2次試験に分かれています。試験科目は英語・フランス語・スペイン語・ドイツ語・中国語・イタリア語・ポルトガル語・ロシア語・韓国語・タイ語のうち1カ国語を選択します

 

給料・収入・年収の目安

通訳案内士の給料と収入

収入は、通訳案内士(通訳ガイド)としてのキャリア、実績によって異なります。

目安としては、年収350〜800万円ほどが相場とされています。



通訳案内士に関連した職業

通訳案内士に関連した職業



<<語学・国際関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す