通訳
職業の内容

通訳とはどんな職業?

通訳とは、二つ以上の異なる言語を習得している者で、ある言語からある言語へと変換することを仕事としている人のことを言います。

通訳は仕事の内容によって、会議通訳と通訳ガイドに分かれます。

会議通訳は、出席者の発言を同時通訳してイヤホーンで流します。国際会議やシンポジウム、企業間の海外取引などで活躍します。

通訳ガイドは、日本にやってきた外国人観光客の案内役として活躍します。

 

進路と道のり

通訳になるには?

語学系の大学や短大、専門学校で語学を学習します。学生時代には、TOEICや英検などにチャレンジし、語学力向上を目指します。

在学中、もしくは卒業後、通訳技能検定や通訳案内試験に合格。その後、通訳派遣会社や旅行会社に登録し、通訳として活躍します。

通訳には、語学力はもちろんのこと、素早く正しい判断力や人とのコミュニケーションも必要になります。

 

給料・収入・年収の目安

通訳の給料と収入

通訳としての実力、キャリアにより大きく異なります。

給料の目安としては、一般的な通訳の場合、時給1,800〜3,700円で、年収300〜600万円くらいが相場とされています。

ただし、国際会議の同時通訳などをこなすベテラン通訳になれば、年収1,000万円を超えることもあります。



通訳に関連した職業

通訳に関連した職業



<<語学・国際関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す