アクチュアリー
職業の内容

アクチュアリーとはどんな職業?

アクチュアリーとは、確率論、統計学などの数理的手段を活用して、保険料や年金の適正な掛金の算定や、将来の支払いに備えるための準備金の積立水準の十分性を確認する数理のプロフェッショナルのことです。

アクチュアリーの活躍の場は主に、保険会社や信託銀行、官公庁などになります。そこで、保険や年金の料率設定、決算などにかかわる保険数理・年金数理業務をはじめ、商品開発、リスク管理分析、長期計画の策定などに携わっています。

 

進路と道のり

アクチュアリーになるには?

(社)日本アクチュアリー協会が主催する「アクチュアリー」資格を取得することでなれます。

試験は1次試験と2次試験に分かれており、7科目すべての合格後、研修を修了したのちに取得できます。試験の難易度は難関で資格取得には平均で2年以上かかります。

 

給料・収入・年収の目安

アクチュアリーの給料と収入

アクチュアリーの活躍の場は、保険会社、信託銀行、官公庁などになるため、収入は勤務先の給料に基づきます。

しかし、一般的にアクチュアリーの給料は高い傾向にあり、目安として年収750〜1,200万円くらいが相場となります。



アクチュアリーに関連した職業

アクチュアリーに関連した職業



<<法律・会計・政治関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す