弁理士
職業の内容

弁理士とはどんな職業?

弁理士とは、産業財産権の出願代行を行う職業です。

具体的には、発明や発案した会社や個人に代わって特許庁に特許や商標、意匠権、実用新案の出願をする仕事です。

 

進路と道のり

弁理士になるには?

国家試験である「弁理士」試験に合格し、日本弁理士会に登録することでなれます。

試験は、短答式筆記の1次、論文式筆記の2次、口述の3次試験に分かれています。特許法、実用新案法、意匠法、工業所有権に関する条約、著作権法などから出題されます。

資格取得後は、国内外の特許事務所や企業の特許部門で活躍します。

 

給料・収入・年収の目安

弁理士の給料と収入

勤務形態(事務所勤務や独立開業など)などによって収入が大きく異なります。

収入幅としては年収350〜1億円くらいでかなりの収入差があります。



弁理士に関連した職業

弁理士に関連した職業



<<法律・会計・政治関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す