証券アナリスト
職業の内容

証券アナリストとはどんな職業?

証券アナリスト(CMA)とは、国内外の経済、証券市場、企業の情報を集めて分析し、お客さんに有望な株や債券などを勧めたりアドバイスをする仕事のことです。

経済の動向や情報に常に目を光らせ、適切な売買のタイミングを図ります。

 

進路と道のり

証券アナリストになるには?

証券会社や保険会社、銀行などの金融機関に入って、仕事をしながら学ぶのが一般的です。

その後、(社)日本証券アナリスト協会が主催する「証券アナリスト(CMA)」の資格を取得することでなれます。

試験は1次、2次に分かれ、証券分析、ポートフォリオマネジメント、財務分析、経済などから出題されます。

 

給料・収入・年収の目安

証券アナリストの給料と収入

証券アナリストの収入は、証券会社など金融機関の給料によります。

給料の目安は、証券アナリストとしての経験、実績、勤務先の労働条件によって異なりますが、年収400〜1,500万円くらいが相場とされています。



証券アナリストに関連した職業

証券アナリストに関連した職業



<<法律・会計・政治関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す