職業ラボTOP法律・会計・政治関係の職業コンプライアンスオフィサー
コンプライアンスオフィサー
職業の内容

コンプライアンスオフィサーとはどんな職業?

コンプライアンスオフィサーとは、企業における法令遵守責任者の意味で、日本コンプライアンス・オフィサー協会が主催する資格を取得しているもののことを言います。

企業が法律違反や反倫理的な行為をして、存続が危うくならないようコンプライアンス・オフィサーが目を光らせる役割を果たします。

具体的には、社内ルールの確立、業務マニュアルの整理、委員会の設置や研修、説明会の開催などを行います。

 

進路と道のり

コンプライアンスオフィサーになるには?

日本コンプライアンス・オフィサー協会が主催する「コンプライアンス・オフィサー」資格を取得することでなれます。

資格には、金融コンプライアンス・オフィサー2級、1級、保険コンプライアンス・オフィサー2級があります。

 

給料・収入・年収の目安

コンプライアンスオフィサーの給料と収入

勤務先の給与水準によります。

勤務先の賃金環境、コンプライアンス・オフィサーとしての経験の差によりますが、相場として年収300〜1,500万円くらいとされています。

コンプライアンス・オフィサーは、リスク管理体制の強化として、企業経営における中核的役割も担います。したがって、優秀なコンプライアンス・オフィサーであれば、年収1,000万円以上稼ぐことができます。



コンプライアンスオフィサーに関連した職業

コンプライアンスオフィサーに関連した職業



<<法律・会計・政治関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す