米国公認会計士
職業の内容

米国公認会計士とはどんな職業?

米国公認会計士(CPA)とは、米国の会計基準に基づいて会計、監査、コンサルティング業務などを行う専門職のことです。

経済のグローバル化が進むなかで導入されようとしている国際会計基準(IAS)に最も近い米国公認会計士は海外企業のみならず、日本企業への就職や転職にも強力な武器となる資格です。

 

進路と道のり

米国公認会計士になるには?

米国各州のテストセンターで行われる米国公認会計士(CPA)試験に合格し、所定の手続きを終えることでなれます。

試験は英語で行われ、財務会計、法規、ビジネス環境及び諸概念、監査及び証明業務などから出題されます。

英語は全般的な英語力でなく専門英語のため、スクールなどで学んだほうが効果的とされています。

 

給料・収入・年収の目安

米国公認会計士の給料と収入

職場やキャリアなどにより大きく異なります。

目安として年収400〜2,500万円くらいが相場とされています。



米国公認会計士に関連した職業

米国公認会計士に関連した職業



<<法律・会計・政治関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す