DCプランナー
職業の内容

DCプランナーとはどんな職業?

DCプランナー(企業年金総合プランナー)とは、確定拠出年金(DCプラン)の普及と導入に必要な知識・技能を持つ人材の育成を目的に、01年からスタートした日本商工会議所認定の資格のことです。

確定拠出年金(DCプラン)とは、年金加入者の毎月の拠出額は一定ですが、将来受け取る年金や一時金などの給付額は運用実績に応じて変動する年金プランのことです。

つまり、DCプランは掛け金一定・給付額未確定のプランといえます。ちなみに、以前の年金プランは確定給付年金(DBプラン)と呼ばれ、掛け金一定・給付額確定でした。

DC年金プランは給付額が運用実績に応じて変動します。しかし、こうした運用については一般加入者が把握することはとても困難で、豊富な専門知識を持ったエキスパートが必要になります。そうした背景を受けて誕生したのがDCプランナーというわけです。

 

進路と道のり

DCプランナーになるには?

DCプランナー」資格試験に合格することでなれます。試験は2級と1級に分かれており、2級は誰でも受験でき、1級は2級合格者が受験資格となります。

試験は2級マークシート方式、1級マークシート&記述式となっており、金融商品や年金などに関する知識と確定拠出年金に関する知識を体系的に学ぶことができます。

 

給料・収入・年収の目安

DCプランナーの給料と収入

資格単体の収入は今のところ見込めませんが、ファイナンシャル・プランナーや社会保険労務士、税理士などの独立系の資格と併用することで、コンサルタントとして活躍の幅を広げることができます。



DCプランナーに関連した職業

DCプランナーに関連した職業



<<法律・会計・政治関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す