行政書士
職業の内容

行政書士とはどんな職業?

行政書士とは、官公署に提出する様々な書類を作成したり、手続きを代行するほか、法律関係の相談業務を行う職業です。

具体的には、車の運転免許証や車庫証明、店の営業許可証、売買契約や賃貸契約の書類などその範囲は多岐にわたります。

その仕事の量の多さから、行政書士はいわば行政と民間をつなぐパイプ役と言えるでしょう。

 

進路と道のり

行政書士になるには?

国家資格である「行政書士」資格を取得することでなれます。

試験は憲法、民法、行政法、商法、基礎法学、一般教養などから構成されています。近年、試験の難化が進み、近年の合格率は2〜5%あたりを推移しています。

また、弁護士、公認会計士、税理士の有資格者、国や地方公共団体の公務員などとして行政事務の担当期間が通算20年以上の者なら既定の登録と手続きを行うことで無試験で資格を取得することができます。

 

給料・収入・年収の目安

行政書士の給料と収入

行政書士の給料は勤務形態、勤務年数などによりピンからキリまでになります。

ボリュームゾーンのとしては年収250〜700万円あたりが目安となります。



行政書士に関連した職業

行政書士に関連した職業



<<法律・会計・政治関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す