秘書
職業の内容

秘書とはどんな職業?

秘書とは、高度かつ専門的な職業につく人を補佐する役割をする仕事です。

高度かつ専門的な職業とは、具体的に政治家、企業の社長や会長、弁護士などが挙げられます。

また、大企業の秘書課に勤務する場合もあり、秘書課ではチームが組まれることもあります。

 

進路と道のり

秘書になるには?

大学や短大、専門学校などで基礎知識を身につけます。学校卒業後、政治家や弁護士などの個人事務所に勤務するか、秘書課のある企業に就職して秘書として働きます。

その際に、(財)実務技能検定協会秘書技能検定部が主催する「秘書技能検定」の資格を取得しておくと有利に働きます。

 

給料・収入・年収の目安

秘書の給料と収入

秘書の収入は勤務先の給料によります。

目安としては年収300〜600万円くらいが相場とされています。



秘書に関連した職業

秘書に関連した職業



<<法律・会計・政治関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す