法務教官
職業の内容

法務教官とはどんな職業?

法務教官とは、非行を起こした少年たちが早く社会復帰できるよう、少年鑑別所や少年院で指導をする人たちのことです。

少年たちが再び非行を起こすおそれがあるかどうか、また、どのようにしたら立ち直れるかを、生活態度の観察や面接などを通して探り、少年たちが非行を起こした問題点を克服するための指導を行います。

 

進路と道のり

法務教官になるには?

法務教官の国家試験をパスすることでなれます。

法務教官採用試験は、男女で分かれており、21歳以上29歳未満の者か21歳以下でその年の年度末に、大学、短大、専門学校を卒業見込みの者が受験できます。

法務教官試験に合格すると、採用候補者名簿に記載され、この名簿をもとに各少年院などが採用を行います。

 

給料・収入・年収の目安

法務教官の給料と収入

法務教官は国家公務員の公安職に該当します。

給料の目安は、初任給で月収216,000円です。



法務教官に関連した職業

法務教官に関連した職業



<<法律・会計・政治関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す