不動産鑑定士
職業の内容

不動産鑑定士とはどんな職業?

不動産鑑定士とは、不動産の鑑定を独占業務として認められた資格のことです。

不動産鑑定とは土地や建物の価値を評価することで、主に地価公示、評価地、公用地買収などの評価を行います。ちなみに、不動産鑑定士以外の者がこうした土地・建物の鑑定評価を行えば刑事罰の対象となります。

不動産鑑定士には、不動産の利用価値、経済環境や政策面の影響の分析など高度な専門知識が要求されます。

 

進路と道のり

不動産鑑定士になるには?

国家試験である「不動産鑑定士」試験に合格し、実務修習を経て終了考査をクリア後、不動産鑑定士として登録することができます。

試験は短答式試験、論文式試験(3日間)に分かれ、両方に合格する必要があります。試験内容は行政法規、民法、会計学、経済学、鑑定理論になります。

不動産鑑定士試験は司法試験、公認会計士試験に並ぶ難関とされています。

 

給料・収入・年収の目安

不動産鑑定士の給料と収入

不動産鑑定士の活躍の場は、不動産・ディベロッパー・信託・生保といった企業勤務か独立開業に分かれます。

給料の目安としては、推定平均年収716万円(厚生労働省06年統計)、年収幅は400〜1,200万円くらいが相場とされています。



不動産鑑定士に関連した職業

不動産鑑定士に関連した職業



<<法律・会計・政治関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す