職業ラボTOP法律・会計・政治関係の職業経営労務コンサルタント
経営労務コンサルタント
職業の内容

経営労務コンサルタントとはどんな職業?

経営労務コンサルタントとは、人事・労務に関する専門知識を持ち、適正な判断に基づいて人事・労務の改善や指導を行う資格のことです。

国際化、高齢化などの労働環境の変化により、企業の人事・労務管理も新たな対応を迫られ、経営や労務のスペシャリストのニーズが増してきています。

 

進路と道のり

経営労務コンサルタントになるには?

(財)日本経営教育センターコンサルタント事業部が主催する「経営労務コンサルタント」資格を取得することでなれます。

経営労務コンサルタントには「正」と「補」があり、「正」は企業の人事・労務に関する改善・指導ができる27以上の者、「補」は人事・労務に関する専門知識を有する20歳以上の者となっています。

それぞれ認定試験があり、研修修了者、社会保険労務士などの受験資格があります。

 

給料・収入・年収の目安

経営労務コンサルタントの給料と収入

基本的にコンサルタント業となるため、収入はコンサル業の成否により大きく異なります。

そのため年収幅も大きく100〜数千万、中には数億円稼ぐ腕利きコンサルタントもいます。



経営労務コンサルタントに関連した職業

経営労務コンサルタントに関連した職業



<<法律・会計・政治関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す