マンション管理士
職業の内容

マンション管理士とはどんな職業?

マンション管理士とは、マンション管理の専門家として与えられた国家資格のことです。

具体的には、管理組合の運営方法、建物や法律問題などの専門知識を用いて、適正なマンション管理の方法をアドバイスします。

 

進路と道のり

マンション管理士になるには?

国家資格である「マンション管理士」の資格試験に合格し、登録をすることでなれます。

試験は4択マークシート方式で、試験内容はマンション管理に関する法律、管理組合の円滑化、建物設備や構造、マンション管理の適正化の推進に関する法律などで構成されています。

合格率は例年、7〜8%台を推移しており、難しい試験といえます。

 

給料・収入・年収の目安

マンション管理士の給料と収入

資格単体での収入は見込めません。

ただし、マンション管理会社などに勤務している場合、資格手当として2,000〜1万円/月ほど支給される場合もあります。

ちなみに、マンションの管理人の収入は月収15万円前後、時給850円前後が相場で、管理会社から派遣されるケースが多いようです。

また、マンションの管理人は必ずしもマンション管理士の資格を必要とせず、無資格者の人がほとんどです。



マンション管理士に関連した職業

マンション管理士に関連した職業



<<法律・会計・政治関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す