MBA
職業の内容

MBAとはどんな職業?

MBAとは、Master of Business Administrationの略で経営学修士と訳されます。経営幹部の育成を目的としたアメリカ生まれの資格で、同分野では、世界で認知される唯一のものと言えます。

MBAプログラムには、グループワークやケーススタディといった実践的な学習が多く盛り込まれています。こうした実践的学習を通して、ビジネスに直結する問題解決能力を育成します。

近年日本でもMBA取得者を積極的に採用したり、企業内の幹部候補にMBAプログラムを研修させたりとそのニーズは高まっています。

 

進路と道のり

MBAを取得するには?

MBAはビジネススクール(経営大学院)の修士課程を修了すると与えられます。ビジネススクールは通常2年間(1年間のプログラムもあります。)で、経営戦略・財務・会計・マーケティング・組織管理など経営全般にわたって幅広く学びます。

具体的な流れとしては、@スクール選択A入学申請B許可を受けて留学へC2年間(1年間)のコース終了D修士論文・プレゼンテーション審査E合格といった流れになります。

MBAのスクールは全世界に数多く存在し、その内容も多様化しています。まずは、選択科目に自分の専門性を追求したい分野があるかどうかでスクールを選びます。

MBAは基本的に海外の大学院での取得となりますが、近年では、日本でもプログラムを提供している大学もあります。また、社会人に向けたコースも用意しているスクールもあるので、働きながら日本で取得することも可能です。

以前は、イギリスやアメリカの有名スクールでなければMBAの価値がないという風潮でしたが、近年では能力主義の風潮に変わっており、国内の取得でも遜色はないようです。

 

給料・収入・年収の目安

MBAの給料と収入

MBAの取得は自己投資と考えるべきです。

まず、直接的な影響としては、転職や昇進、昇給の際の判断材料として有利に働く点でしょう。

そして、間接的な影響としては、MBAで学んだノウハウを実際に現場で発揮することで上司や他の社員から高い評価を得、結果として収入アップにつながるという点です。

実際にMBA取得者のモチベーションは他の社員より高い傾向にあり、昇進・昇給を得やすい傾向にあります。経営者や経営幹部にMBA取得者が多いのはそのためです。

結局のところ、MBAは自己投資という概念ですので、取得による直接的な収入アップを望むのではなく、取得後の研鑽による収入アップを目指すという考え方が正しいでしょう。



MBAに関連した職業

MBAに関連した職業


<<法律・会計・政治関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す