産業カウンセラー
職業の内容

産業カウンセラーとはどんな職業?

産業カウンセラーとは、(社)日本産業カウンセラー協会が認定する資格で、健康で自立した勤労者をサポートする者のことを言います。

具体的には、勤労者の仕事の悩みをしたり、リストラされた人の苦しみを理解し、援助する者としての役割を果たしています。

 

進路と道のり

産業カウンセラーになるには?

(社)日本産業カウンセラー協会が主催する「産業カウンセラー」資格を取得することでなれます。

資格は初級の産業カウンセラーと中級のシニア産業カウンセラーに分かれており、いずれも学科と実技試験から構成されています。

具体的には産業カウンセリング概論、パーソナリティ理論、自己理解的側面、創造性開発などを学びます。

 

給料・収入・年収の目安

産業カウンセラーの給料と収入

産業カウンセラー保有による資格メリットは特にありません。基本的にカウンセラーとしての実力が給料に反映されます。

一般的に心理カウンセラーなどカウンセリング業の人の年収は、200〜1,000万円くらいが相場とされています。



産業カウンセラーに関連した職業

産業カウンセラーに関連した職業



<<法律・会計・政治関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す