政治家
職業の内容

政治家とはどんな職業?

政治家とは、職業として政治を行う人のことを言います。一般に、国会議員や地方議員、政府のメンバーを総称して呼ぶことが多いようです。

ちなみに、国会議員は衆議院と参議院に分かれて国政選挙で選ばれ、地方議員は地方自治選挙で選ばれます。

政治家の具体的な仕事としては、国民の代表として国会や市県議会などに出席し、国(市区町村)の法案や予算案を通して多数決で決定します。

 

進路と道のり

政治家になるには?

市区町村、都道府県、国など議員選挙に立候補し、選挙で当選することでなれます。

立候補は日本国民であり、年齢が25歳以上(参議院議員は30歳以上)であれば誰でもできます。

国会議員を目指すのであれば、はじめは市区町村からスタートし、都道府県、国会へとステップアップしていくのが一般的です。

 

給料・収入・年収の目安

政治家の給料と収入

政治家の給料は国会法などの法律により規定されています。

年収ベースで換算すると、おおよそですが、市議会議員で1,200〜2,000万円、県議会議員で1,200〜2,300万円、国会議員で2,300〜3,000万円くらいが相場とされています。



政治家に関連した職業

政治家に関連した職業



<<法律・会計・政治関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す