社会保険労務士
職業の内容

社会保険労務士とはどんな職業?

社会保険労務士とは、人事・労務のスペシャリストとして認められた国家資格のことです。

社会保険労務士の具体的な仕事は、健康保険や労災、雇用保険など各種労働社会保険の申請書類の作成や届出、就業規則や年金相談などその仕事内容は多岐にわたります。

特に最近では、国民の年金に関する話題や関心が高く、この分野でのスペシャリストとして社会保険労務士の活躍が期待されています。

 

進路と道のり

社会保険労務士になるには?

国家資格である「社会保険労務士」試験に合格し、実務経験または実務研修を経て登録することで、なれます。

試験は択一式のマークシート方式で、労働法令、社会保険法令に基づく問題が出題されます。

合格率は例年、7〜10%前後と難しい試験とされています。

 

給料・収入・年収の目安

社会保険労務士の給料と収入

社会保険労務士は企業内の人事・労務のスペシャリストとして活躍するか、独立開業してコンサルタントとして活躍するかに分かれます。

給料の目安としては、推定平均年収447万円(厚生労働省06年統計)、収入幅は年収300〜1,000万円くらいが相場とされています。



社会保険労務士に関連した職業

社会保険労務士に関連した職業



<<法律・会計・政治関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す