商社マン
職業の内容

商社マンとはどんな職業?

商社マンとは、国内外でさまざな商品を売買する商社の社員のことです。

商社マンは国内はもちろんのこと、世界中を飛び回ったり、駐在員として外国に住んだりして商品の売買取引を行います。

 

進路と道のり

商社マンになるには?

大学を卒業後、希望する各商社の採用試験に合格したらなれます。

例年、商社(特に上場企業の総合商社)の人気は高く、就職の際の激しい競争が予想されます。

また、一般に商社は、さまざまな商品を扱う総合商社と特定の専門的な商品を扱う専門商社に分かれます。

 

給料・収入・年収の目安

商社マンの給料と収入

商社マンの収入は勤務先の給料によります。

以下に06年の上場企業の商社平均年収を記載しておきました。参考にしてみてください。

  • 【上場している商社の平均年収】
  • 【総合商社】
  • 三井物産 1,435万円
  • 三菱商事 1,423万円
  • 住友商事 1,402万円
  • 伊藤忠商事 1,280万円
  • 丸紅 1,177万円
  • 双日 1,098万円
  • 兼松 747万円
  • 【専門商社】
  • 伊藤忠エネクス 940万円
  • 豊田通商 932万円
  • 長瀬産業 907万円
  • 阪和興業 900万円
  • JFE商事ホールディングス 878万円
  • 岡谷鋼機 875万円
  • アルフレッサホールディングス 856万円
  • 日立ハイテクノロジーズ 846万円
  • 岩谷産業 824万円
  • 住友物産 816万円
  • ユアサ商事 773万円
  • 神鋼商事 762万円 など
  • (統計:各社有価証券報告書07)



商社マンに関連した職業

商社マンに関連した職業

  • 関連職業はありません


<<法律・会計・政治関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す