中小企業診断士
職業の内容

中小企業診断士とはどんな職業?

中小企業診断士とは、顧客企業の経営状態を診断しアドバイスや支援をする職業のことです。

具体的な仕事は、資料の収集、現場に出向いての調査、経営者や従業員への聞き取り調査、競合店の調査を行い、それらの結果を統合・分析して報告書にまとめます。

これらの仕事は資格を持たず、コンサルタントとして活動可能ですが、中小企業を対象とした国や自治体の公的融資や補助金交付に伴う公的な経営診断には中小企業診断士が活用される場合が多いようです。

 

進路と道のり

中小企業診断士になるには?

国家試験である「中小企業診断士」試験に合格し、所定の手続きを終えることでなれます。

試験は1次、2次に分かれており、経済学、経済政策、財務・会計、企業経営理論、経営法務、中小企業経営政策などから出題されます。

例年1次試験が16〜20%、2次試験が10〜20%の合格率となっています。

 

給料・収入・年収の目安

中小企業診断士の給料と収入

正式な発表がないため分かりませんが、年収ベースで400〜1,200万円くらいが相場とされています。



中小企業診断士に関連した職業

中小企業診断士に関連した職業



<<法律・会計・政治関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す