税理士
職業の内容

税理士とはどんな職業?

税理士とは、国家資格で、税務に関するプロフェッショナルのことです。

具体的には、会社や個人の依頼により、税務署に提出する書類の作成・提出、税金に関する相談などを行います。

 

進路と道のり

税理士になるには?

国家試験である「税理士」試験全科目に合格し、実務経験を経て、日本税理士会連合会に登録されることでなれます。

試験は、必須科目と選択科目から構成され、必須科目2つと選択科目3つ合格することで、最終的な合格とされます。

1科目ずつ取得できる点から、社会人でも無理なく合格を目指すことができます。

 

給料・収入・年収の目安

税理士の給料と収入

事務所勤めや独立開業など勤務形態により収入の差はありますが、推定平均年収818万円(06年厚生労働省統計)、収入幅では年収400〜1,500万円ほどとされています。



税理士に関連した職業

税理士に関連した職業



<<法律・会計・政治関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す