建築積算資格者
職業の内容

建築積算資格者とはどんな職業?

建築積算資格者とは、建築物の設計図書に基づき、適正な積算技術を用いて数量調書の作成や工事費の算定などを行う者のことを言います。

 

進路と道のり

建築積算資格者になるには?

(社)日本建築積算協会が主催する「建築積算資格者」試験に合格することでなれます。

試験は、業務に必要な知識を問う1次試験と、建築工事費を積算するための事務処理能力を問う2次試験で構成されています。

ちなみに、1.2級建築士、木造建築士、1.2級建築施工管理技士は1次試験が免除されます。

 

給料・収入・年収の目安

建築積算資格者の給料と収入

資格単体での収入は見込めませんが、就転職、キャリアアップに有利に働きます。また、会社によっては資格手当が支給されるところもあります。



建築積算資格者に関連した職業

建築積算資格者に関連した職業



<<不動産・建築・土木関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す