工事担当者
職業の内容

工事担当者とはどんな職業?

工事担当者とは、ホームユース・ビジネスユースそれぞれの分野で、利用者の端末設備や自営電気通信設備の接続工事を行う者のことです。

電気通信産業が拡大するなか、工事担当者の活躍の場も増えています。

 

進路と道のり

工事担当者になるには?

国家試験である「工事担当者」試験に合格することでなれます。

試験は電話・ISDNの工事に関するAI試験、ブロードバンドなどのデジタル回線工事に関するDD試験に分かれ、基礎、技術、法規の3科目の試験が行われます。

 

給料・収入・年収の目安

工事担当者の給料と収入

勤務先の給料、経験、技術などによりますが、目安として年収300〜500万円くらいがボリュームゾーンとされています。



工事担当者に関連した職業

工事担当者に関連した職業



<<不動産・建築・土木関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す