職業ラボTOP医療・福祉関係の職業ケアマネージャー
ケアマネージャー
職業の内容

ケアマネージャーとはどんな職業?

ケアマネージャー(介護支援専門員)とは、介護を受ける本人やその家族の置かれている状況を把握し、それを元にケアプラン(介護計画サービス)を策定し、実施を支援する仕事です。

具体的には、要介護認定申請の代行業務やケアプランの策定、介護保険の支給限度基準額の上限管理、給付管理業務などが挙げられます。

介護を受ける人が自立した生活を送れるように手助けするのが、ケアマネージャーの役割です。

 

進路と道のり

ケアマネージャーになるには?

公的資格である「介護支援専門員」資格を取得することでなれます。

資格は研修を受講し、登録する必要があり、研修を受講するには「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格しなければなりません。

さらに受験資格は保険・医療・福祉分野の資格などで5年以上の実務経験が必要とされています。

 

給料・収入・年収の目安

ケアマネージャーの給料と収入

厚生労働省「賃金構造基本統計調査」によると、06年のケアマネージャーの平均月収は26.0万円、平均年収は382万円でした。



ケアマネージャーに関連した職業

ケアマネージャーに関連した職業



<<医療・福祉関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す