ケースワーカー
職業の内容

ケースワーカーとはどんな職業?

ケースワーカーとは、主に社会福祉事務所で、その地域で生活をしていくのに問題や困難を抱えている人の相談に乗り、指導や援助をする仕事です。

具体的な仕事としては、生活保護を受けたい人への経費の支給、車いすの交付、母子家庭の保育入園手続き、高齢者への福祉施設紹介などが挙げられます。

 

進路と道のり

ケースワーカーになるには?

福祉系の大学や短大、専門学校を卒業後、社会福祉事務所などに就職し、ケースワーカーとして活躍します。

特に必要な資格はありませんが、社会福祉士や社会福祉主事任用資格などを持っていると就職に有利になるかもしれません。

ちなみに、公立の福祉事務所や病院などに勤務する場合は、公務員試験に合格する必要があります。

 

給料・収入・年収の目安

ケースワーカーの給料と収入

公務員の場合、ケースワーカーは一般職給与の規定が適用されます。

ちなみに公務員の一般職給与は、月収18〜20万円前後となります。



ケースワーカーに関連した職業

ケースワーカーに関連した職業



<<医療・福祉関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す