言語聴覚士
職業の内容

言語聴覚士とはどんな職業?

言語聴覚士とは、言葉でのコミュニケーションに障害がある人を対象に、専門的なサービスを提供し、生活がより豊かになるよう支援する専門家のことです。

主に、病院のリハビリテーション科、脳外科、小児科から身体障害者福祉センター、老人保健施設、教育機関などで活躍し、高いコミュニケーションスキルや豊かな人間性を備えていることが重要になります。

 

進路と道のり

言語聴覚士になるには?

医学系の大学などを卒業し、国家資格である「言語聴覚士」資格を取得します。資格取得後、リハビリテーション科、脳外科のある病院や障害者福祉センターなどに就職して、言語聴覚士として活躍します。

試験は筆記試験となり、基礎医学、音声・言語・聴覚医学、聴覚障害学、臨床医学、心理学、社会福祉・教育、言語発達障害学、音声・言語学など計12科目から出題されます。

 

給料・収入・年収の目安

言語聴覚士の給料と収入

勤務先の賃金形態、言語聴覚士としての経験、スキル等によってことなりますが、年収300〜400万円くらいが相場とされています。



言語聴覚士に関連した職業

言語聴覚士に関連した職業



<<医療・福祉関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す