はり師
職業の内容

はり師とはどんな職業?

はり師とは、金・銀・ステンレスなどの金属針で人体患部に刺激を与え、患者のこりや痛みを和らげる職業です。

スポーツ選手が、けがの治療に積極的に活用したり、東洋医学のヒーリングやリハビリテーションの観点からも注目の職業です。

 

進路と道のり

はり師になるには?

文部科学大臣が認定した学校、または厚生労働大臣が認定した養成施設を卒業後、国家試験に合格し資格を取得することでなれます。

試験は、医療概論、衛生学・公衆衛生学、関係法規、解剖学、生理学、病理学概論、臨床医学総論、リハビリテーション医学などから出題され、計13科目を学ぶ必要があります。

 

給料・収入・年収の目安

はり師の給料と収入

勤労形態、きゅう師としての経験、スキルにより異なりますが、年収200〜700万円くらいが目安となります。



はり師に関連した職業

はり師に関連した職業



<<医療・福祉関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す