介護福祉士
職業の内容

介護福祉士とはどんな職業?

介護福祉士とは、高齢者や障害者の自立生活を支援するために、入浴、食事、排泄などの介護をしたり、家族への助言・指導を行ったりする専門家です。

介護に関する専門知識と技術を持ち、主に高齢者福祉施設や障害者福祉施設で活躍します。

似た職業に、ホームヘルパーがありますが、介護福祉士はホームヘルパーを指導する立場の者としての役割を担っています。

 

進路と道のり

介護福祉士になるには?

介護福祉養成施設などを卒業後、国家資格「介護福祉士」を取得します。資格取得後、高齢者福祉施設や障害者福祉施設などで介護福祉士として活躍します。

資格は筆記と実技に分かれ、社会福祉概論、老人福祉論、障害者福祉論、リハビリテーション論、社会福祉援助技術などから出題されます。

 

給料・収入・年収の目安

介護福祉士の給料と収入

資格単体による収入は見込めませんが、施設によっては5,000〜1万円/月くらいの資格手当が支給されるところもあります。



介護福祉士に関連した職業

介護福祉士に関連した職業



<<医療・福祉関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す