臨床工学技士
職業の内容

臨床工学技士とはどんな職業?

臨床工学技士とは、医師や看護師とともに、血液浄化装置、人工心肺装置、人工呼吸器などの生命維持管理装置の操作や保守点検などを行う人のことを言います。

主な活躍の場は、病院・診療所などの医療施設ですが、医療機器メーカーや医療機器の開発・研究に携わる道もあります。

 

進路と道のり

臨床工学技士になるには?

文部科学大臣または厚生労働大臣指定の養成所等を卒業したのち、国家資格である「臨床工学技士」を取得します。資格取得後は、病院や医療機器メーカーなどで臨床工学技士として活躍します。

資格は筆記試験で、医学概論、臨床医学総論、医用電気電子工学、医用機械工学、整体計測装置学などから出題されます。

 

給料・収入・年収の目安

臨床工学技士の給料と収入

勤務先の賃金体系、臨床工学技士としての経験、スキル等により異なりますが、年収300〜500万円くらいが相場とされています。



臨床工学技士に関連した職業

臨床工学技士に関連した職業



<<医療・福祉関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す