CGデザイナー
職業の内容

CGデザイナーとはどんな職業?

CGとは、コンピュータグラフィックの略で、CGデザイナーとは、CGを駆使して様々な絵や図、動画などを描く職業のことです。

CGはゲームはもちろん、映画の特殊撮影、テレビ、広告、CMなどで欠かせない技術となっています。

 

進路と道のり

CGデザイナーになるには?

理工系・芸術系の大学や短大、専門学校で基礎を学んだ後、コンクールなどに応募して実力をつけます。その後、CG会社などに就職して、CGデザイナーとして活躍します。

パソコンやソフトの操作はもちろん、デッサンも必要になるので、絵の勉強も併せてしておくと良いでしょう。

 

給料・収入・年収の目安

CGデザイナーの給料と収入

勤務先の労働条件、CGデザイナーとしての能力、経験などにより異なりますが、年収300〜600万円くらいが目安とされています。



CGデザイナーに関連した職業

CGデザイナーに関連した職業



<<IT・コンピュータ関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す