DTPオペレーター
職業の内容

DTPオペレーターとはどんな職業?

DTPとは、Desk Top Publishingの略で、DTPオペレーターとはコンピュータを使って印刷物を作るための作業を行う人のことを言います。

具体的には、文章やイラスト、写真などをコンピュータの画面上で加工し、本や雑誌のもとになる印刷用のデータをつくります。

DTPエキスパートとの違いは、DTPオペレーターは実際の作業を行う人で、DTPエキスパートは一連の作業を管理する点にあります。

 

進路と道のり

DTPオペレーターになるには?

専門学校などでDTPの知識や技術を勉強し、卒業後、印刷会社やデザイン会社に就職し、DTPオペレーターとして活躍します。

DTPオペレーターになったら、DTPエキスパート資格取得を目指すことで、キャリアアップが図れます。

 

給料・収入・年収の目安

DTPオペレーターの給料と収入

勤務先の労働条件、DTPオペレーターとしての能力・経験等によって差がありますが、時給1,000〜2,000円くらいが目安とされています。



DTPオペレーターに関連した職業

DTPオペレーターに関連した職業



<<IT・コンピュータ関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す