書店経営者
職業の内容

書店経営者とはどんな職業?

書店経営者とは、本屋を経営する者のことです。

出版社や取次店から入ってくる情報をもとに、売れそうな本や読んで欲しいと思う本を仕入れて売ります。

単に本を売るだけではなく、本屋におけるPOP広告の役割は重要で、そうしたPOPの工夫やレイアウトの仕方によって、本の売り上げは大きく変わってきます。

 

進路と道のり

書店経営者になるには?

開業資金を準備してお客さんがたくさん入りそうな場所にお店を開きます。特別な資格や免許は必要ありません。

本に関する情報を多く取り入れて、売れそうな本の選定やレイアウトを常に移動し、売り上げ推移の観察を日々行います。

 

給料・収入・年収の目安

書店経営者の給料と収入

経営するお店の売上に左右されます。

数年の間は安定収入が見込めませんので覚悟しましょう。

近年、大型書店やネット書店の台頭により、町の本屋は苦戦を強いられています。開業する際はそうした市場の動向をしっかりと読んで、慎重に行いましょう。



書店経営者に関連した職業

書店経営者に関連した職業



<<開業・経営関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す