電気工事士
職業の内容

電気工事士とはどんな職業?

電気工事士とは、ビルや工場、住宅、店舗などの電気配線やメンテナンスを行う職業です。

こうした電気配線やメンテナンスは、電気工事士が従事することが電気工事法により定められています。

 

進路と道のり

電気工事士になるには?

国家試験「電気工事士」試験に合格し、所定の手続きをとることでなれます。

試験は、扱える工事の範囲によって第一種と第二種に分かれ、第一種では、最大電力500キロワット未満の自家用電気工作物や一般用電気工作物の工事に従事できます。

第二種では、住宅や店舗などの配線やコンセント、スイッチの取り付けなど一般電気工作物の工事の作業に従事できます。

 

給料・収入・年収の目安

電気工事士の給料と収入

勤務先の労働条件、経験等によりことなりますが、目安として年収300〜600万円くらいが相場とされています。



電気工事士に関連した職業

電気工事士に関連した職業



<<機械・技術・製造関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す