技術士
職業の内容

技術士とはどんな職業?

技術士とは、科学技術に関する専門的な事項の計画、研究、分析やこれらに関する指導や相談、工程の効率化、事故調査、損害査定などを行う専門家のことです。

 

進路と道のり

技術士になるには?

国家試験である「技術士」試験に合格し、所定の手続きを経ることでなれます。

試験は、1次、2次で構成され、機械、船舶・海洋、航空・宇宙、電気電子、化学、繊維、金属、資源工学、建設、上下水道、衛生工学、農業、森林、水産、経営工学、情報工学、応用理学、生物工学、環境、原子力・放射線、総合技術監理の21の技術部門に分かれています。

第1次試験を合格すると、技術士補の称号が与えられます。

 

給料・収入・年収の目安

技術士の給料と収入

技術士は専門分野が広く、雇用形態も様々なので収入もまちまちですが、おおよそ年収400〜1,000万円くらいが相場とされています。

ちなみに、技術者資格取得者のうち約10%がコンサルティング・エンジニアとして独立を果たし、約40%がコンサルタント会社勤務、約50%が建設会社や製造業などに勤務しているようです。



技術士に関連した職業

技術士に関連した職業



<<機械・技術・製造関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す