危険物取扱者
職業の内容

危険物取扱者とはどんな職業?

危険物取扱者は、石油類、アルコール類など、引火性・燃焼性の高い危険物質の取扱いをするのが仕事です。

こうした危険物を一定量以上取り扱う現場では、危険物取扱者の設置が義務付けられています。

ガソリンスタンドや化学工場、石油貯蔵タンクなど、危険物取扱者の活躍の場は広いと言えるでしょう。

 

進路と道のり

危険物取扱者になるには?

国家試験である「危険物取扱者」試験に合格し、所定の手続きをとることでなれます。

試験は危険物に関する法令、物理学及び化学、危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法の3科目から構成されています。

ちなみに、危険物取扱者資格は甲種、乙種、丙種の3種類に分けられ、甲種はすべての危険物の取扱い・立会いができるのに対して、乙種及び丙種は対象となる危険物が制限されています。

 

給料・収入・年収の目安

危険物取扱者の給料と収入

資格単体での収入は見込めませんが、就職・転職などの際に役立ちます。(会社によっては必須資格にしているところもあります。)



危険物取扱者に関連した職業

危険物取扱者に関連した職業



<<機械・技術・製造関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す