職業ラボTOP金融・証券・保険関係の職業ファンドマネージャー
ファンドマネージャー
職業の内容

ファンドマネージャーとはどんな職業?

ファンドマネージャーとは、投資信託など、不特定多数の人や企業から多くの資産を預かって、それを運用して増やしていく仕事のことです。

企業の将来性の評価が仕事の基本となり、企業の財務諸表分析、株価照合、経営方針や実態調査などを行います。

また、ある企業の株を一定数以上買い、その企業の経営に携わることで企業の価値を高めることもファンドマネージャーの仕事です。

 

進路と道のり

ファンドマネージャーになるには?

大学やスクールなどで経済学を学んだ後、投資信託会社に就職。その後、証券アナリストとして実務経験を積み、運用部門でファンドマネージャーアシスタントとして下積みを経験します。

その後、実際にファンド経験を積んで実績をあげたのち、金融庁にファンドマネージャーとして登録します。

 

給料・収入・年収の目安

ファンドマネージャーの給料と収入

ファンドマネージャーとしてのキャリア、実績、経験または勤務先の給与水準によって収入は大きく変わります。

推定年収幅は300〜数億円。ファンドマネージャーの給料は実績に応じて支払われるので、理論上は青天井となります。

外資系ファンドなどでは年収数千万円が平均とされ、億を超えるプレーヤーも存在します。



ファンドマネージャーに関連した職業

ファンドマネージャーに関連した職業



<<金融・証券・保険関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す