トレーダー
職業の内容

トレーダーとはどんな職業?

トレーダーとは、銀行や証券会社、保険会社などに所属して、金融ディーラーと顧客との間を結ぶ役割を果たす仕事のことです。

具体的には、株価や債券の動きを把握し、売り時や買い時の情報を顧客に提供したり、売買の注文を受けて金融ディーラーに伝えたり、直接売買を行ったりします。

 

進路と道のり

トレーダーになるには?

大学で経済と金融の基礎を学んだ後、証券会社などに就職し、トレーディング業務の基礎を習い、その後は自分の努力と行動力で結果を出しながら経験を積んでいきます。

経済・金融の全般的な知識が必要になりますので、まずは「ファイナンシャル・プランナー」資格から取得してみるのが良いでしょう。

 

給料・収入・年収の目安

トレーダーの給料と収入

勤務先及びトレーダーとしての能力により大きく異なります。

基本的に成果報酬となりますので、能力が収入に反映される世界です。中には年収数千万から数億稼ぐトレーダーもいますが、まったく稼げないトレーダーも存在します。

実力重視の厳しい世界と言えるでしょう。



トレーダーに関連した職業

トレーダーに関連した職業



<<金融・証券・保険関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す