警察官
職業の内容

警察官とはどんな職業?

警察官とは、人々の生活を守り、事件や犯罪を防止・解決するために努力する公務員のことです。

警察の組織は、警察庁と都道府県警察に分けられます。警察庁は、全国の警察を監督する国の機関で、国際的な事件の捜査や、全国の警察通信の管理、都道府県警察への指導などを行います。

都道府県警察は、それぞれの担当地域の安全を守ります。交番に勤務する巡査や事件の捜査をする刑事、交通指導や違反を取り締まる係、麻薬や拳銃などの取締をする係、事件現場での鑑識などがいます。

ちなみに、警察庁勤務の警察官のことをキャリア組、都道府県警察勤務の警察官のことをノンキャリアと呼んだりもします。また、女性の警察官のことを婦人警官と呼びます。

 

進路と道のり

警察官になるには?

大学や短大、高校を卒業後、国家公務員試験(警察庁希望の場合)または都道府県警察の採用試験を受け、合格します。合格後、警察大学校や警察学校で訓練を受けたのち警察官として活躍します。

強い正義感や責任感、体力が警察官には必要にです。

 

給料・収入・年収の目安

警察官の給料と収入

警察庁勤務か都道府県警察勤務(キャリアorノンキャリア)、職務年数などにより給料には差が出ますが、年収800万円くらいが平均とされているようです。



警察官に関連した職業

警察官に関連した職業



<<公務員関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す