消防官
職業の内容

消防官とはどんな職業?

消防官とは、消火活動やそれに伴う救済活動を行う防災のエキスパートです。

具体的には、火事の現場での消火、逃げ遅れた人の救助、火災に関する安全指導や避難訓練指導などを行います。

 

進路と道のり

消防官になるには?

高校や大学、短大を卒業後、消防官採用試験に合格し、消防学校の訓練を経て、消防官になります。

採用試験は自治体ごとに行われます。

他人の役に立ちたい、他人に対して思いやりがある、体力には自信がある、といった人が消防官として活躍しています。

 

給料・収入・年収の目安

消防官の給料と収入

消防官の給与は地方自治体の規定に基づきます。

消防官としての経験、役職によって異なりますが、目安として年収400〜850万円ほどとされています。



消防官に関連した職業

消防官に関連した職業



<<公務員関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す