保育士
職業の内容

保育士とはどんな職業?

保育士とは、仕事などの理由で子供の世話ができない親から子供を預かり、保育する職業です。

具体的には、食事やトイレ、着替え、片付け、などの生活習慣を指導します。

勤務先は、保育園、会社やデパートの託児所、児童館、心身障害児施設など多岐にわたります。

 

進路と道のり

保育士になるには?

保育士養成課程のある大学・短大、専門学校を卒業後、保育士資格を取ります。勤務先の各施設の採用試験に合格し、保育士として活躍します。

ちなみに、保育士資格を取得するには、国家試験に合格する方法と、保育士課程のある大学・短大、専門学校を卒業する方法があります。(これらの学校を卒業した者は無試験で資格を取得できます。)

 

給料・収入・年収の目安

保育士の給料と収入

厚生労働省「賃金構造基本統計調査」によると、06年の保育士の平均月収は21.8万円、平均年収は327万円でした。



保育士に関連した職業

保育士に関連した職業



<<教育・学術関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す