高校教師
職業の内容

高校教師とはどんな職業?

高校教師とは、高等学校の先生のことです。

小・中学校の先生とは異なり、教える内容は専門化してきます。基本的な教科に加え、学校によっては農業、工業、水産、商業、看護など、職業に密着したものもあります。

小・中学校の先生に比べ、生徒とのかかわりは減ってきます。しかし、進学や就職、将来のことなど人生の節目となる重要な相談を持ちかけられることも多くあります。

 

進路と道のり

高校教師になるには?

教員養成課程の大学や短大、大学院を卒業後、高校教諭免許を取ります。採用試験に合格し、高校教師として活躍します。

高校教諭免許は、教員養成のコースがある大学や短大、大学院で必要な科目をすべて勉強することで取れます。

 

給料・収入・年収の目安

高校教師の給料と収入

厚生労働省「賃金構造基本統計調査」によると、06年の高校教師の平均月収は44.0万円、平均年収は724万円でした。



高校教師に関連した職業

高校教師に関連した職業



<<教育・学術関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す