小学校教師
職業の内容

小学校教師とはどんな職業?

小学校教師とは、小学校で国語、算数、理科、社会、生活科などの学習や社会生活で必要なルールを指導する職業です。

基本的に、担任するクラスの子供たちにすべての科目を教えます。(音楽や図工、家庭科などを除く)

 

進路と道のり

小学校教師になるには?

小学校教員養成課程のある大学・短大、大学院を卒業後、小学校教諭免許を取ります。その後、公立であれば各自治体の教員採用試験を、私立の場合は各小学校の採用試験を受け、合格し、小学校の先生として活躍します。

教諭免許は、小学校の教員養成コースを持つ大学・短大、大学院で「教職課程」を選択し、必要な科目をすべて勉強すれば取れます。

 

給料・収入・年収の目安

小学校教師の給料と収入

週刊ダイヤモンド(07.10.06)の調査によると、06年の公立の小学校教師の平均年収は742万円でした。



小学校教師に関連した職業

小学校教師に関連した職業



<<教育・学術関係の職業TOPへ戻る

50音順で探す
ジャンル別で探す